国際金融体制が変われば、外国為替取引にも、変化が訪れることは、確かなことかもしれません。国際金融体制が変われば、外国為替取引にも、変化が訪れることは、確かなことかもしれま

国際金融と外国為替取引の通貨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
現在、国際金融体制は、岐路に立っている言えるのかもしれません。
数年前の世界同時不況が、金融市場発であり、なおかつ、グローバル金融の影響もあり、一国での出来事が瞬く間に世界に広がり、国際金融体制そのもののあり方が問われ出したからです。

もっとも、国際金融体制とともに、グローバル金融の見直しも、当然行われるべきとの意見もあります。
一番簡単な方法は、各国が保護主義に走り、自国の利益を守ることでしょう。
けれども、20世紀前半に、それと同様なことが起こり、20世紀半ばに世界大戦へと発展しました。
結局、保護主義は、自国にも悪影響を与えるということが、歴史の上でも、証明されているようです。
したがって、急激な保護主義になることは、現実的には、考えられないように思います。
けれども、何かしらの見直しが必要でもあり、国際経済会議などでは、その議題が持ち上がっていますが、現時点では、まだまだ不透明な状況です。
仮に国際金融体制の見直しが起これば、外国為替取引にも、何らかの影響があると考えられます。
今のような外国為替相場のあり方ではなく、もしかしたら、規制が強まり、企業などの取引にも影響を及ぼすかもしれません。
あるいは、制度そのものが変わり、変動相場制自体が廃止になるかもしれません。
一説によれば、経済の専門家の仕事ではなく、政治家の判断によりけりとのことで、その決断が待たれている状況とも見なせるようです。

いずれにせよ、確定してはいない状況では、今の制度を利用した投資のあり方が大事なのでしょう。
しかし、変更が起こりうると念頭にしながら、外国為替取引を行うこともまた、重要なことでしょう。

Copyright (C)2021損したくない!外国為替の取引術.All rights reserved.