外国為替取引の代表的なものとしては、FX、外貨預金、外貨MMFなどになります。

外国為替取引の種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
投資にも色々な種類がありますが、外国為替取引においても、種々のものがあります。
今では、インターネット取引が主流でもあり、外国為替取引もかなり身近になったと言えるでしょう。
では、どのようなものがあるのでしょうか?

まず、今ではFXが代表的なものなるでしょう。
外国為替証拠金取引であり、金融派生商品の一つです。
為替変動と金利差による収益が見込め、店頭と取引所の2種類があります。
証拠金を積む信用取引であり、決済を行うことで収益と損失の決まる差金取引でもあります。
少ない証拠金で、多額の取引が可能なレバレッジを利用できますが、ハイリスク・ハイリターンの投資であり、長期的というよりは、短期的な投資とも言えるでしょう。
また、外貨預金も、外国為替取引として、有名です。
円建て預金のように、普通、定期、積立のものがあり、最近では、自動積立式も人気があります。
為替変動と金利での収益が見込め、FXと異なり、預金と同様なため、長期的な投資の一つです。
しかし、入出金の際に、両替が必要になり、手数料が発生します。
料金も、各種金融機関で異なるため、その点については、注意が必要です。
さらに、外貨MMFがあります。
これは、外貨建てのMMFであり、投資信託の一種です。
日本の証券会社などで利用できますが、基本的に短期的な投資信託です。
月単位でなく、日単位での分配も行われています。

以上のほか、近年では、海外企業の株式や外国債を購入している人も増えています。
もちろん、外貨建てとなっていますが、少なくとも市場と為替変動の二重のリスクがあるため、その点については、注意が必要でしょう。

Copyright (C)2021損したくない!外国為替の取引術.All rights reserved.