ユーロは、EUの統一通貨であり、ドルに次ぐ世界第二位の通貨と見なされています。

ユーロが第二位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドルが基軸通貨であるのなら、ユーロは世界第二位の外国為替となっています。
EUの統一通貨であり、創設から10年あまりということで、歴史の浅い通貨となっています。
しかし、取引高などから、創設から瞬く間に世界第二位の通貨となりました。

そういうことも関係しているのでしょうか?
ユーロは、ドルと反対の動きをするようです。
たとえば、ドル相場が荒れていれば、ユーロが安定し、ユーロが荒れていれば、ドルが安定するということです。
これは、ある面では、ドル救済でもあり、ドルを回避した人が、ユーロに走る、という特徴を表してもいるようです。
しかし、ユーロは、2008年の世界同時不況を受け、現在、岐路に立たされている通貨でもあります。
EU圏内の国の中で、財政危機を迎えたところがあり、その影響でユーロの価値が急減しました。
現在、財政危機を回避する措置が講じられていますが、まだまだ不透明感がぬぐえません。
仮に、このままユーロの価値が下がったままで、なおかつ、財政危機の国が債務不履行などになれば、世界同時不況ところではない、金融ショックが発生すると見られています。

いずれにせよ、ユーロの価値が下がっているとはいえ、世界第二位の通貨には変わりないようです。
創設から10年あまりとすでにお話しましたが、最初の試練を迎えているのが、今の状況なのかもしれません。
これを抜けた後、再びユーロの価値が上昇する可能性もあるでしょう。

Copyright (C)2021損したくない!外国為替の取引術.All rights reserved.